チケット販売サイトなどのパソコン向けネットサービスで各種チケットを購入したことがあると回答した663人に、今年、最も購入回数が多かったものを聞いた。「その他」の中には、高速バス、フェリーなどがあった
[画像のクリックで拡大表示]

 夏は旅行や帰省、コンサートや行楽などに、さまざまなチケットを使う季節。最近は便利なことに、インターネットで各種のチケットが購入できる。実際、どのくらいの人がどのように利用しているのか、ネットユーザー1000人に「インターネットを使ったチケット購入について」聞いてみた。

 インターネットのチケット販売サービスを個人で利用したことがある人は約6割。購入頻度は、数年に1回程度から、1年に20回以上までと幅があった。その人たちに、購入したことがあるチケットの種類を聞くと、航空券、コンサート・ライブ、乗車券の順だった。今年最も多く購入したチケット(上図)でも、同じ結果だった。自宅に居ながら時間を気にせず入手できる点や、高額な航空券や乗車券を残席数を確認しつつ予約でき、クレジットカードで決済できる点などが評価されている。アクセスの集中によるエラーといったインターネットならではの不満もあったが、ネット限定の割引や特典を上手に利用している人もいる。あなたも一度、使ってみてはいかが。

インターネットでチケットを購入する理由は?
インターネットでチケットを購入したことがある人に、その理由を聞いた。「その他」には、「先行予約はネットでしか募集していないので」「Web限定」など、ネットでしか購入できないチケットが理由として挙がった。複数回答
[画像のクリックで拡大表示]

利用したことがある支払い方法は?
オンラインでチケットを購入する際の支払い方法を聞いた。中でもクレジットカードは、7割以上の人が「最もよく使う支払い方法」だと回答している。「その他」の支払い方法は、現地決済や現金書留などだった。複数回答
[画像のクリックで拡大表示]

出典:日経パソコン 2009年8月24日号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。