ネットを利用する上ではどのOSを使おうと大した差異はない。これは確かだが、OSが違えば多少のトラブルが生じることもある。

 特に困るのは、メールに添付する圧縮ファイルである。例えば、MacユーザーとWindowsユーザーがネットを介して画像ファイルをやり取りする場合を考えてみよう。

 PNGは、どちらのOSでも利用できる便利な形式である。

 Macで、PNG画像を選択し、コンテキストメニューから圧縮を選ぶ。すると、すぐに圧縮ファイルが作成される。形式は、全世界共通のZIP形式だ。

 この圧縮ファイルをメールに添付して送れば間違いなど起こりようもないと思われるが、残念ながら、WindowsとMacのファイル管理方法の違いから、奇妙な結果になる。詳しくは画面の通りだ。画像のファイル名は文字化けを起こし、添付した覚えのないフォルダが生成されている。

 このようなトラブルが生じないようにWindowsに合わせたZIPファイルを生成するのが「MacWinZipper」だ。

「ピクチャ 1.png」を通常の方法で圧縮し、メールに添付。Windows上で解凍すると、余分なファイルが混入し、ファイル名も化けてしまった。
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら