私はASUSのネットブック「Eee PC」を持っている。そしてそれは、なかなかよく出来ている。このマシンについての結論は、マシンを1台しか持たなくて、オンラインに張り付いて過ごさない人々のパソコンとしてなら十分に良いというものである。コンパクトで、スマートで持ち運びも簡単だ。Belkin N-1無線ルーターにログオンするのも簡単で、すぐにネットを認識し、パスワードを受けつけてくれる。

 Eee PCはディスクドライブに32GBのシリコンドライブを搭載している。そのため高速、かつ頑丈だ。我々は現在、これよりも格段に大きな容量のハードディスクに慣れてしまっているが、Ubuntuがあまり容量を必要としないことを考えれば、32GBは十分なサイズと言えるだろう。私は、Windows 7がEee PCで良好に作動するだろうと聞いている。しかし、これにはすでにUbuntuが搭載されていて、我々が使っているのはそれだ。

 ASUSは小型のノートブックコンピューターに驚くほど高性能なキーボードを載せてきた。ディスプレイも、たいていの仕事に十分な品質を提供してくれる。私はノートブックコンピューターで実務はそれほどしないし、待合室のような場所で仕事をしたい場合は「MacBook Air」を持って行くようにしている。こちらの方がエレガントで使いやすいからだ。そこで私は息子のRichardにASUSを貸した。彼はここ1カ月それを持ち歩いていて、彼が週末にビーチハウスへ来た時は、彼はこれしか持って来なかった。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら