#-----------------------------------------------------------------------
# Yahoo!/Google自動ログイン
#-----------------------------------------------------------------------
# Gmail の場合
アカウント=「***@gmail.com」
パスワード=「***」
ログインURL=「https://www.google.com/accounts/ServiceLogin?service=mail&passive=true&rm=false&continue=http://mail.google.com/mail/」
タイプ=「google」
# Yahoo! メール の場合
#アカウント=「fmnako」
#パスワード=「nakonako8」
#ログインURL=「https://login.yahoo.co.jp/config/login_verify2?.src=ym」
#タイプ=「yahoo」
#-----------------------------------------------------------------------
# ログイン用ブラウザーの作成
完了フラグ=オフ
WBとはブラウザー。
WBのレイアウトは「全体」
WBのURL=ログインURL
WBの文書完了した時は
  もし、完了フラグ=オンならば、戻る。
  完了フラグ=オン。
  もし、タイプが「google」ならば
    WBの「Email」にアカウントをブラウザINPUT値設定。
    WBの「Passwd」にパスワードをブラウザINPUT値設定。
    WBの「gaia_loginform」をブラウザFORM送信。
  もし、タイプが「yahoo」ならば
    WBの「username」にアカウントをブラウザINPUT値設定。
    WBの「passwd」にパスワードをブラウザINPUT値設定。
    WBの「login_form」をブラウザFORM送信。
#-----------------------------------------------------------------------

※注意:掲載したプログラムは2009年8月時点のYahoo!メールとGmailのログインフォームに対応したものです。Webサービスのログイン画面は変更されることがあります。修正する場合は、次のページ以降の解説を読めば、比較的対応できます。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら