今回は、Webブラウザーで、自動ログインを行うプログラムを作ってみます。煩雑なログイン作業を省略するプログラムを作ってみます。ここでは、例としてYahoo!やGoogleにログインしてみます。

プログラム~Webサイトへ自動でログインするツール

 最近では、多くのWebブラウザーでフォームの内容を記録する機能が多く付いているので、通常の利用の範囲では、それほどログインを面倒に感じることはないかもしれません。しかし、複数のアカウントを使いわけている場合や、ログインした後、バッチ処理として何かしらのデータを自動ダウンロードする場合には、今回紹介するテクニックが役に立ちます。

 今回のプログラムは、比較的新しいなでしこの機能を利用していますので、もし、動かない方は、最新版をダウンロードしてみてください。というのも、今年(2009年)の夏に数回、なでしこ勉強会が開催され、そのとき今回紹介するようなプログラムを作る機会が多いので機能を充実させて欲しいと要望が多く寄せられました。Webサイトの使い勝手を改善したり、Web経由でのやりとりで、自動ログインやフォームへのデータ自動入力させる機会が多いとのことでした。

【使い方】

 今回のプログラムは、2009年8月時点でのYahoo!メールやGoogleのGmailへ自動ログインするものです。以下のプログラムを、なでしこエディタに貼り付け、アカウントとパスワードを設定し、実行ボタンをクリックしてください。

 すると、自動的にログインしメールの一覧が表示されます。

Gmailにログインにしたところ
[画像のクリックで拡大表示]

Yahoo!メールにログインにしたところ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら