私の場合、Kindleで読書するのとiPhoneで読書するのを比べるのは難しい。iPhoneの方がテキストが明るく、もちろんカラーだ。ページは速くめくれるし、部屋がそれほど明るくなくても大丈夫だ。iPhoneのスクリーンの光で読めるからだ。Kindleのテキストはパッシブ表示なので外の照明が必要になる。照明が十分でないと、よく見えない。

 一方、スクリーンサイズはKindleの方が大きい。また、同じテキストサイズの場合、1ページにもっと多くの単語を表示できる。この方が読みやすいし、速く読める。ページをめくる頻度も少ない。Kindleでは、装置のボタンを押してページをめくる。iPhoneではスクリーンに触れてページをめくる。Kindleアプリケーションの場合は、指でテキストを滑らせてページをめくる。どちらかも簡単なので、数分たてば自然にできるようになる。

 私はたくさん読書をしなければならない場合は、iPhoneよりKindleで読みたい。しかし前に言ったが、絶対そうだと決めたわけではない。実を言うと、私は使ってみるまで、自分がiPhoneのように小さなもので本を読んだりするとは思っていなかった。だが、私の予測は間違っていた。使い心地は良い。

 Peter Glaskowsky がこうコメントしている。


私が言った通りでしょう?:-)
私は自分のPalm Treoで少なくとも1ダースの本を読みました。これはiPhoneよりフォントも見づらくて、スクリーンも小さいです。
でも作動しました。

非常に使いやすいとは言いがたいですが、家に置いておく小型装置より、持ち歩ける装置で読める方がよいと思います。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら