メールに書かれた住所録をコピーしてExcelに貼り付けたところ、1行の文字がすべて1つのセルに入ってしまった。これは区切りにスペースを使っていたのが原因。Excelでは、タブ区切りは自動的に認識するが、スペースは自動では認識できない。

[画像のクリックで拡大表示]

 データの入力は、最も面倒で時間のかかる作業。Excelユーザーなら、誰もが楽をしたいはず。そこでよく使うのが、他のソフトからデータを“コピペ”する方法だ。例えば、メールソフトの本文に書かれた住所録をコピーし、Excelのシートに貼り付ければ、入力の手間もグンと減る。よく使う手だが、実際にやってみると、これがなかなかうまくいかない。

 一番困るのは、上図のような場合だ。メールソフトの元データは、「名前」「性別」「職業」といった各項目が、区切りを入れながら並んでいる。これをExcelの1つひとつのセルにきちんと収めたい。ところが、実際はそうならない。メールソフトの1行分のデータが、Excelの左端のセルに全部押し込められてしまうのだ。

 不思議なのは、これがうまくいく場合もあることだ。思い通りに住所録の項目が1つひとつのセルにきちんと入ることもある。つまり、うまくいくかどうか、やってみないとわからないのである。こんな、おかしなことがあっていいのか…。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら