この記事で掲載した作業を実行する際は、すべて自己責任でお願いします。作業やトラブルなどに関するお問い合わせには、一切お答えできませんので、ご了承ください

 

 もうすぐゴールデンウイークです! 新緑がすがすがしい休日にやりたいことといったら、パソコンのパワーアップですよね(笑)。

 私は、昨年のゴールデンウイークに、白い「MacBook」のHDDを換装しました。今から3年前に買ったものなのですが、CPUは2.0GHzのCore 2 Duo、2GBのメモリー(自分で1GB増設)なので、動作は快適。ただ、HDD容量が80GBしかないので、音楽や写真のデータを入れているうちに、いつの間にか残りが15GBしかなくなっていたのです。

 どうしたらよいものか、悩みに悩んだ末、内蔵HDDを換装することにしました。白いMacBookの内蔵HDDは、2.5型のSerial-ATA。私は1年前、東京・秋葉原で1万円くらい出して250GBを手に入れましたが、今なら同じ値段で360GBも夢ではありません。

 換装作業には、ネジ穴が「*」の形状になっている「トルクレンチ」というネジ回しも必要です。HDDと一緒に購入しておくといいでしょう。大手カメラ量販店では各種サイズがセットになって3000円程度で売られていましたが、数本のネジを外すだけなのに、これは明らかに高い買い物です。ガード下の店を探すと1本1000円くらいのものもありますので、みなさんもじっくりお買い得品を選んでくださいね。

 私は几帳面といわれるA型です。日ごろから、MacOSのバックアップ機能「TimeMachine」を利用しています。外付けHDDの中には、MacBookの過去のデータやシステムがそっくり入っているので、いつでも換装のための準備は万端でした。こういう危険な作業をする前は、必ずバックアップを取っておきましょう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら