数値が入ったセルをドラグすると、連続した数値が入力される。使い方も簡単なため、初心者から上級者まで広く使われている機能だが、とんでもない数値が入力されてしまうこともある。オートフィルはどんなルールで数値を作成しているのだろうか。

[画像のクリックで拡大表示]

 Excelの入力作業を楽にするために欠かせないのが、オートフィル機能だ。これは連続するデータを入力するときに、大きな威力を発揮する。先頭のセルにデータを入力して、アクティブセルの右下に表示される「■」をドラグすればいい。先頭のセルが「1時」であれば「2時、3時、4時…」が、先頭のセルが「1月」だったら「2月、3月、4月…」と入力される。

 ところがこのオートフィル、場合によっては望む結果にならないことがある。上の図を見てほしい。「5%」と入力されたセルからオートフィルを使って連続データを入力すると「6%、7%、8%…」とはならず、「105%、205%、305%…」のように、とんでもない連続データが作成されてしまう。これはいったいどういうことだろう。今回は、オートフィルの仕組みを探ってみよう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら