この3月より、韓国では海外メーカーの携帯電話端末が多数販売されるようになった。韓国が国策として開発した「WIPI」というモバイルインターネットミドルウェアの搭載義務が4月から廃止され、スマートフォンの場合は既にWIPIを搭載しなくても韓国内で販売できるようになった。ついに携帯電話市場の鎖国が解けたのだ。

 カシオと米モトローラに続いて、ノキアと台湾HTC、英ソニーエリクソンも韓国にやってきた。モトローラとソニーエリクソンはテレビCMも頻繁に流している。小栗旬が色んなキャラクターに変身するソニーエリクソンのCMを見て驚いたことがあるが、韓国版CMは地味に端末だけが登場する。

 ソニーエリクソンはソウル市内で記者懇談会を開催し、韓国で販売する「エクスペリアX1」をビジネスマン向けと紹介した。キーパッド付きでインターネットも使いやすく、便利な機能が揃っていて海外出張が多いビジネスマンにぴったりです!と熱烈に説明した。

 しかし、その後、B-BOYが舞台に登場して携帯電話片手に踊ったり、バック転したり。あまりにもビジネスマンを強調するのでシックでゴージャスなイメージでいくのかと思ったら、突然ヒップホップ?何のパフォーマンスかよくわからなかった。でもソニーエリクソンの登場で端末の選択筋がまた一つ増えたことは嬉しい。

 韓国の携帯電話代理店をいくつかヒアリングしてみると、スマートフォン=ビジネスマンでもないらしい。独身の会社員や役員クラスの「ビジネスマン」の人がスマートフォンやハイエンド端末を使っているのはよく見るが、モバイルインターネットの主なユーザー層が高校生~20代なので、自然と最新のハイエンド端末やスマートフォンも高校生や大学生がコアなユーザー層だという。

 子供がほしがるものは何でも買ってあげたい、子供にはいいものを持たせてあげたい親の心理から、ハイエンド端末は子供が使い、半年ほど過ぎて飽きてくると子供はまた別の新しいハイエンド端末に機種変更をし、親は子供のお下がりを使うというのだ。もちろん、子から親への端末引き継ぎは、不景気だから節約のためという側面もあるだろう。

 「値段が高すぎる」と散々文句を言われながらも、韓国で最も売れているのはサムスン電子の携帯電話「Anycall」である。景気を反映してか、ただし、この頃は価格が高いハイエンド機ではなく、既存端末より機能をシンプルにして値段を安くしたタッチフォンで人気を集めている。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら