先頃、グーグルが電話関連のサービス「Google Voice」を発表した。

 Google Voiceは、いわゆる「ユニファイド・サービス」と呼ばれる通話管理の一連の機能である。今は多くの人が複数の電話番号を持っているが、Google Voiceでは自宅番号、携帯番号、オフィスの自分専用番号などを統合して、そこにかかってくる電話をどの電話でも受けられるようにしたり、留守中にかかってきた電話を一括で管理したりできる。

 もともとはグランド・セントラルという会社が開発していたのだが、同社をグーグルが買収。今回は、ずらりとフィーチャーをそろえて再発表となったかたちだ。

 とてもグーグルらしいのは、次のようなフィーチャーだ。

 たとえば、留守番電話をテキストに変えるというもの。いろいろな人からかかって来た留守録が文字に書き出されて一覧できるので、ひとつひとつ最初から聞かなくてもざっと見て内容をつかみ、急ぐものから返事を返すことができる。留守録はSMSメッセージにして特定の電話に送るよう設定することも可能だ。

 また、数人の間でコンファレンス・コールをしたり、留守録をメールのように転送したりすることもできる。また、迷惑電話をブロックするフィーチャーも便利そうだ。留守録や通話記録に残った番号をブロックに設定すると、今度同じ番号からかかって来た電話は繋がらなくなる。この機能は、グーグル側のデータベースで番号を集めれば、ユーザーの集合的な力で迷惑電話をかけるマーケッターを浮かび上がらせることもできるようになる。けっこういい機能だ。

 さて、これは何を意味するのか。グーグルが新しいサービスを開始する都度、その便利さはさておき、それがグーグル全体のビジネスにどう付加価値を与え、どんな収入源になって、さらに既存のどの業界に痛手を与えるのだろうか、と考えてしまう癖がついたのは、何も私だけではないだろう。

 2年ほど前になるか、音声による番号問い合わせ「GOOG-411」をグーグルが発表した時、「いったいグーグルはこんな電話サービスをして何をしようとしているのだろうか」と思った。間もなくGOOG-411は地図表示と合体され、たとえば近所のピザ屋の番号がわかった後、「地図に表示」と叫べば、そのピザ屋の場所が地図上で示されるようになった。「そうか、ローカル情報、ひいてはローカル広告収入を得るための手段なのか」とその時は考えた。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら