新聞やニュースでもかなり大きく取り上げられていたので、ご存知ない方のほうが少ないと思うのですが、文部科学省は2月25日、「子どもの携帯電話等の利用に関する調査」の結果を発表しました。

 調査の詳細や結果資料は文部科学省公式サイトの当該ページでお読みいただけますが、文部科学省が携帯電話の利用実態調査を行うのは初の試みで、「子どもたちの携帯電話の利用実態や意識等を把握し、今後の取組推進のための基礎資料を得る」ために、全国から無作為抽出した公立5,000校の「小学6年生」「中学2年生」「高校2年生」「当該児童生徒の保護者」「小・中・高等学校」を対象に行ったものです。

「やっぱりケータイは問題だ!」と多くの大人に感じさせるキャッチーなコピーが、『10代ケータイ依存症』という見出しと共に1面に並んでいる新聞もありました。でも、ちょっと冷静になって、これらを逆に読んでみてください。

 『中2の2割 メール1日50通』→『中2の8割がメール1日50通未満』
 『高2の4割 プロフ開設経験』→『高2の6割がプロフ開設未経験』

 私立の女子校であればもっと数値は上がるはずですが、公立中学・高校の調査では、中2の8割が“大人が想像していたほどではない数”のメールのやり取りにとどまっていて、高校生ならほとんどが持っていると思っていたプロフも、高2の6割は開設経験がない、ということになります。問題がないとは決して言えませんが、このように読み取ることさえできれば「今のうちに何とかしてみよう」という気にもなるでしょう。

 携帯電話を厄介なモノだと感じている大人たちの心のフィルターが、「臭いものにフタ」の対象にできるよう、マイナス方向から見た数値を受け入れることに躊躇(ちゅうちょ)しないのだろうと考えます。ケータイを持っていたから助かった、ケータイがあったから○○しないで済んだ、のような携帯電話を肯定するような話題よりも、都合がいいのかもしれません。

 新聞もニュースも、注目してもらうことが大切な報道媒体ですから、危機感をあおる表現となる場合も多々あります。でも、ビジネスではない「子どもたちの成長に関わる」情報については、自分の都合で受け止めず、冷静に本質を読み解いて行動することが、今の大人たちに課せられているような気がしませんか?

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら