ソニーのビジネス向けモバイルノートパソコン「VAIO type G」がフルモデルチェンジした。2006年12月に登場した初代type Gから数えて3世代目となる。コンシューマ向けとしては11.1型液晶のtype Tと13.1型液晶のtype Zもあるが、type Gは12.1型スクエア液晶を採用している。最薄部が25.2mm、重量は1.2kgを切る軽量ノートで、マルチカーボン構造で堅牢性に重点を置いて設計されている。「type G VGN-G3KANB」を発売前に試用できたので、早速レビューしてみた。

 「VGN-G3KANB」は店頭向けの標準仕様モデルで、CPUにCore 2 Duo SU9300、メモリーは2GB、HDDは120GBを搭載している。これらのパーツはVAIO OWNER MADEモデルでカスタマイズでき、法人向けのモデルも用意されている。

 外観はスクエアでシンプルな形状だが、本体側面や手前に傾斜をつけたり、液晶の角に微妙なラウンドをつけており、スタイリッシュな印象を受ける。VAIOらしいこだわりといえるが、ビジネスシーンでも堂々と使える落ち着いた見た目になっている。カラーはブラックだが、VAIO OWNER MADEモデルでは、プレミアムブラウンとシルバーも選べる。

ソニーの「type G VGN-G3KANB」。ボディーはブラック一色だ
[画像のクリックで拡大表示]

天板はマットな感触で、VAIOのロゴはミラー仕上げ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら