最近話題のSSDですが、手元にあったLOOX U/B50(以下LOOXと略します)にSSDを乗せてみることにしました。

 筆者が使っているのは120GBのHDD(1.8インチ)が搭載されているので、これをそのまま置き換えるには同サイズのSSDが必要になります。

 しかし、1.8インチのSSDにはそう多くの選択肢はなく、とりあえず手に入れたのは32GBの「MTRONのMSD-PATA3018032」という製品です。

 Windows Vistaには、パーティションの容量を拡大縮小する機能があるのですが、連続した空き領域がないとパーティションを小さくすることはできません。120GBのHDDのパーティションを小さくできるのなら、ディスクコピーソフトウエアなどで既存のデータを容量の小さいドライブにコピーすることもできるのですが、元が120GBでコピー先が32GBではどうしようもありません。

 そんな矢先に、富士通のLOOX U/B50のシリーズにちょうどWindows XP Homeモデルが登場し、そのためのデバイスドライバーなどの提供が始まりました。そういうわけで、Widnows XPをゼロからインストールすることにしました。

 まず、今回は、ハードウエア編として、SSDへの変更についてだけ解説します。

 必要なものとして、プラスドライバーと、先の細いマイナスのドライバー(時計ドライバーなどと呼ばれている小さなもの)です。不測の事態を考えると、ラジオペンチなど工具一式もあると安心です。また、ちゃんとした工具なしに作業するのは大変危険です。

 また、この記事を見てSSDへの交換作業を行い、失敗してLOOXなどを壊してしまったからといって、筆者も編集部も責任持てません。あくまでもご自分のリスクで作業を行ってください。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら