Microsoftは、10月の最後の週と11月の最初の週にロサンゼルスコンベンションセンターでProfessional Developers Conference (PDC)とWindows Hardware Engineering Conference (WinHEC)を立て続けに開催した。PDCは選挙の直前で、WinHECは直後だった。言うまでもなく、その影響があった。選挙の夜の出展者主催のパーティーの間、大画面テレビが設置され、CNNのすばらしい「ホログラム」が映し出された。

 もちろん、どちらのコンファレンスもこんな大規模な金融恐慌が起こることなど誰も疑ってもいない、ずっと以前に計画され予定が決まっていた。(さらに言えば、我々はまだよく理解していないのかもしれない。だがそれは別の話だ。私は後で少しコメントするつもりだ)。どちらのコンファレンスも、コンピューター革命の未来を知ろうとする人々にとって伝統的に重要な、まさに鍵ともいえるイベントだ。

 WinHEC, the Windows Hardware Engineering Conference, は毎年開催されるが、PDC(Professional Developers Conference )はMicrosoftが開催するだけの価値のある非常に新しいものがあると考えたときにしか開催されない。過去数年、2つのコンファレンスはほぼ同じ規模だった。今年、PDCは定員数が完売になった。だが、WinHECは私が行った十数年のうちで最も小規模だった。コンファレンスのプレゼンテーションの多くは録画されていたので、オンラインで提供されている。詳しいことを知りたい人は見ることができる。どちらの場合も、このようなことに興味があるなら開会基調講演は時間を割いてでも見る価値がある。他のイベントは確かに非常に技術的なものだ。

 PDCでの大きな発表はWindows Azureだった。それがMicrosoftのチーフソフトウエアーアーキテクトのRay Ozzieによる開会基調講演のテーマだった。実際、Azureはすべてのコンファレンスの主要なテーマだった。Windows 7への言及もあった。しかし、そのほとんどはWinHECのためにとっておかれた。Windows 7についてはこの後すぐに述べる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら