前回、前々回に続いて、面白法人的ラボBM11が2008年にリリースしたものを振り返っています。今年も残すところあと1か月。いまだ、年88個の新プロジェクトリリースという目標実現に向けてひた走っています。

 今回のテーマは『勢いのままに出してみよう』。

★元気が出る電話

[画像のクリックで拡大表示]

 デター!(2回目)、これ最初気がつかなかったのですけど、よくよくタイトルとサイトのデザインみるとこれも、パロディ系じゃないですか。あの天才た●しの番組ですよ。(かなり古い番組ですが、見てましたよ。僕も)

 で、どんなサービスかというと、Skypeというチャットシステムをつかうことで、所定の時間に自分を元気づけてくれる電話(Skype経由)がかかってくるというもの。

 ほうほう。面白そうじゃない。サイトを見るとすでに300人以上、1万5000回近く人を元気づけている見たいだし。

 で、かけてみました。声がきれいな知らない女の子から元気づける電話がかかってきました!これはいい。

 どのような仕組みなのでしょうか?

 それは、オペレータが24時間はりついている・・・ってわけではなくて、カヤックの運営するサービス「こえ部」の部員たちが録音した会話の中から、ランダムに届きます。

 うんなるほど。これは新しいし面白いね。

 この派生として、ムカツク電話。(ムカつく話し方でかかってくる)
 オレオレ詐欺勉強電話(オレオレ詐欺にひっかからないように練習になる)とか、いろいろできそうじゃない。

 個人的には、元気が出る電話の会話の中に、松方弘樹の笑った声(モノマネでOK)は、隠しキャラでいれておいてくれたらもっとよかったのにと思いました。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら