数式が参照するセルを探すときに役立つのが「ワークシート分析」。そこには「参照元のトレース」と「参照先のトレース」の2つがある。数式のセルから、値の入ったセルを探すには、どちらを選ぶべきか?便利な機能なのに、用語の不自然さが使い勝手を下げているのでは…。

[画像のクリックで拡大表示]

 表計算ソフトのルーツとされているのが、ダニエル・ブルックリンが1979年に開発した「ビジカルク」。このソフトが圧倒的な支持を得たのも、“自動再計算”機能を備えていたためだ。すなわち、セル番地を使って数式を立てておくと、セルの値を変えるだけで、計算結果も自動的に変わる仕組み。これを「セル参照」と呼び、次々と値を変えて結果をシミュレートできる点が、実に画期的だった。以降、これが表計算ソフトの根幹をなす機能となり、当然Excelにも引き継がれている。

 しかしながら、たくさんの数式が互いに参照し合って複雑な計算をしていると、どのセルがどのセルを参照しているのかわからなくなり、困ってしまうこともある。数式を見ればセル番地が書かれているが、「B5」「C9」といった番地だけでは、一目で把握できないのも事実だ。

 そこでExceには、参照の関係を調べる便利なツールが用意されている。「ワークシート分析」の「トレース」という機能だ。値の入ったセルと数式の関係を視覚的に示すもので、セル同士を矢印で結んで一目瞭然にしてくれる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら