ニコンから、近未来的なデザインの「Media Port UP」が登場した。ヘッドフォンの本体にモニターが付属し、8GBのメモリーや電池、無線LANも搭載したかつてない製品。ワイヤレスで、どこでも動画や音楽が楽しめる。実際にどれほど使えるか試してみた。

図1 ヘッドホンの横からモニターを固定する“つる”が出ていて、目の位置に調節ができる
[画像のクリックで拡大表示]
●Media Port UPの3大特徴
   ・ヘッドフォンとモニターがひとつに
   ・無線LANとメモリー搭載でワイヤレスを実現
   ・頭を振って操作できるモーションセンサー

製品名Media Port UP300x
メーカーニコン
対応フォーマット動画:MPEG1、MPEG2、WMV9(DRM19対応) 音声:MP3、WMA9(DRM10対応)、AAC 写真:JPEG
画面サイズ0.44型 透過型LCOS(640×480ドット)
重さ約385g

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら