Windows Server2008、XP、Vista

 私は、2カ月以上箱から取り出してもいないベーシックな作業用デスクトップPCを持っている。Windows 2008 Serverにして、私のActive Directory管理しているWindows 2000が作動している旧式のマシンと取り替えようと思ったのだ。

 もちろん、私はActive Directoryはまったく必要としない。私のネットワークはMicrosoft Active Directoryが登場してすぐのころセットアップされた。あなたがそうする必要がないように、我々は多くの愚かなことを行う。それで、1999年12月31日以前にはDirectory Windows2000 Serverシステムを作動させるのは、私のBYTE誌のエディターや読者にとって有益なアイデアのように思われた。それはすべて作動した。少しぎくしゃくするが、まだ作動する。ハードウェアはもちろん古くなっており、交換せずに長い間そのままだった。私はサーバー上に重要なものは何も保存しない。それが壊れたら、ドメインがまったくないワークステーションネットワークをセットアップするのは面倒だろう。私はD-Link Gaming Routerに名前と番号の割り当てをさせるだろう。だが、何も失われない。

 一方、私はWindows2008 Serverのテストがしたかった。あらゆるレポートからすると、それはかなり高性能であるだけでなく、適切な調整を行えば、ワークステーション用OSとしても同じように役に立つ。

 私は数カ月前にそれをすべて行うつもりだった。しかし、病気の問題のせいで中断していた。今は回復しているので、また、あなたがそうする必要がないように、多くの愚かなことを行うことにする。

 一方、Phil Tharp(シリコンバレーのコンサルタント)は実験をしている。彼はこの予備レポートを送ってきている。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら