Google Chromeはベータ版のせいかプラグインによる機能拡張ができない。しかし、ブックマークレットを使うと、ある程度機能拡張が可能になる。

 ブックマークレットとは、リンクに小さなJavaScriptプログラムを埋め込んで、その機能を実現する仕組みだ。論より証拠、Yahoo!検索ブックマークレットを作成してみよう。

 Yahoo!検索ブックマークレットの機能だが、Google Chromeの右クリック検索をまねたものなので、最初にその機能を参考として見ていこう。

 Google Chromeでは閲覧中のWebページで文字を選択した状態で右クリックを押すと、3つの機能が選べる。1つはコピーだがこれはブラウザーだけの機能ではない。また1つは「要素を検証」だが選択した文字列とは関係ない。便利なのはもう1つの「Googleで検索」の機能だ。

図1 文字列を選択して右クリックを選ぶと3つのメニューが選択できる
[画像のクリックで拡大表示]

 Google Chromeは選択した文字列をそのままGoogleで検索できる。

 Google以外に、例えばYahoo!で検索はできないだろうか?

 ブックマークレットを使うとほぼ同様の機能拡張ができるようになる。動作は、Webページの文字列を選択した状態で、ブックマークバーにあるブックマークレットのリンクボタンをクリックすると、自動的に検索されることだ。

 では、ブックマークレット作成の手順を示していこう。なお、以下の手順はYahoo!を例題にしているが、同様の手順でその他の検索用ブックマークレットや、gooや英辞郎の辞書引きのブックマークレットもできる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら