私が今これを書いている間(編集部注:この記事は8月上旬に執筆されたものです)、世界SF大会がデンバーで開催されている。しかし、私はデンバーにいない。私は旅行をして盛況な大会に参加するのはやめた。Larry Nivenと共著の次の大作である「地獄からの脱出」は来年の2月まで刊行されないので、その本のプロモーションのために行く意味がなかった。だが、Exile - and Glory(短編集のHigh JusticeとLaser(Laser Books)の小説のExiles to Gloryをまとめたもの)は、Baen Booksからハードカバー本と、電子書籍形式で販売されており、地域の書店でもオンライン書店からでも入手できる。

 世界大会のパネルの1つは、Sigma(国土安全保障省(DHS)の研究開発担当次官のコンサルタントを務めるSF作家のグループ)に関するものだった。私がデンバーに行っていれば、パネルに参加していただろう。だが、Larry Nivenは私の意見を十分代弁できたと確信している。

Ian Tregillis、Chris Christopher、Larry Niven。写真に写っていない同席者はArlen Andrews、Walter Jon Williams、Michael Flynn、Wil McCarthy、 John Hemry(Peter Glaskowsky写す)

 SigmaはDHSとともにいくつかの会議に参加した。Cohen長官は元海軍提督で、海軍研究所長だが、SF作家が参加している理由をこのように説明する。彼の研究予算の大部分は、よく知られている、結果が予測可能な問題に使われている。しかし、彼は、ハイリスクでハイリターンのプロジェクトに研究予算の約10%を使いたいと考えており、予算のその部分の約10%は、成功の可能性が低い非現実的なものだが、きわめてハイリターンのものに割り当てるべきだと考えている。これまでのところ、Cohen提督はSigmaの貢献に満足している。私はSigmaのミーティングに出られないことを残念に思っていて、そのためにデンバーへ行くことができたらと思う。良いニュースは、私は急速に回復しているように思えるということだ。来週、私はアラモゴードで開催されるDC/Xの記念セミナーに行くつもりだ(訳注:8月15日はDC/Xの初飛行の15周年記念日)。

ウイルスの警告

 私は、最近Chaos Manor Reviewのすべての購読者に「Anti-virus Windows XP 2008」というウイルスに対する警告のメールを送った。これにはいくつかの変種がある。しかし、それらはすべて、Microsoftからの新しいウイルスへの警告と対応策が入手できるリンクを提示する、本物のメッセージに見せかけたものから始まる。そのメッセージは以下にコピーしてある。http://www.jerrypournelle.com/view/2008/Q3/view530.html#Thursday

 これは詐欺だ。そのリンクをクリックして指示に従ったら、感染して、悲惨なことになる。このウイルスを除去するのは難しい。さらに悪いことに、感染したら、実際に甚大な被害をこうむることになる!

 私はChaos Manor Reviewsの読者はみなこれに気がついていると思う。だが念のため繰り返す。インターネットのリンクでアンチウイルスのプログラムを売るあらゆる申し出に手をださないこと。それは詐欺である可能性が高い。そして最悪の場合、あなたのコンピューターにマルウェアを忍び込ませる。プログラムをダウンロードしインストールする前に、評判のよい会社のものかどうか、あなたへ送られてきたそれらのメール以外の方法でも確認すること。

 そして、以下のことを肝に銘じること。Microsoftは、この種の一括メール送付でアップデートを送ることは絶対にしない。

 くれぐれも気をつけること。詐欺師はどんどん悪賢くなっている。