「パソコンを買う」となると、大手家電量販店などの店頭で買うことを思い浮かべる人が多いだろう。しかし、こうした店頭で入手できるパソコンのほかにも、通信販売を中心にしている通販パソコンメーカーのパソコン、大手メーカーのサイトでスペックを選んで購入する直販モデルのパソコン、敷居は少々高いがスペックを比較的自由に選べるショップブランドのパソコンがある。

 こうした通販・直販パソコンに共通する特徴は、スペックを自分である程度選べる「Built to Order(BTO、受注生産方式)」を採用していること。そのため、店頭販売モデルと比べ、不要な機能やソフトを省いて安価にしたり、必要なスペックや機能にお金をかけることで、自分の好みや用途に合ったパソコンに仕立てることができる。パソコンをある程度使いこなせて買い替えを考えている人、2台目のパソコンが欲しいという人には、こうしたコストパフォーマンスの高い通販・直販パソコンがお薦めだ。

 連載1回目となる今回は、通販パソコンのタイプ、メリットや注意点について説明したいと思う。

通販パソコンは大きく分けて3タイプ

 冒頭で述べたように、通販・直販パソコンはメーカーによって大きく3タイプに分けられる。

通販パソコンメーカーのモデル

 通信販売を中心にしているメーカーで、有名なメーカーとしては、エプソンダイレクト、デル、日本ヒューレット・パッカード(HP)などがある。BTOでスペックを選んで購入するのが一般的。デメリットは、購入前に触れて実機を確認できないことだが、デル、HPなど一部のメーカーは店頭販売にも力を入れていて、大手量販店などで実機に触れることができる。

国内大手パソコンメーカーの直販モデル

 NEC、ソニー、東芝、パナソニック、富士通は直販モデルを販売するサイトを運営しており、店頭販売モデルをベースにした直販モデルや直販専用モデルを販売している。店頭販売モデルではスペックが物足りない人に向いている。大手量販店の一部では、こうした直販モデルのサンプルを展示し、その場で購入の相談ができるカウンターを設けている店舗もある。

ショップブランドパソコンのモデル

 自作パソコン用のパーツを販売しているPCパーツショップでは、完成品パソコンを販売していることがある。デザインも自作パソコンそのもの。通販メーカーのパソコンに比べ、最新パーツを素早く採用することが多く、コストパフォーマンスはもっとも高いと言える。しかし、モデル数が多くモデルチェンジも頻繁なため、選ぶ時にはパソコンのパーツに対する知識がある程度必要になってくる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら