モバイル機器を持ち運ぶようになると、結構重要になってくるのが、カバンです。さすがにノートパソコンなどは、そのまま持ち歩くのは危険だし、人によってはモバイル機器以外にもいろいろと持ち歩く物があるでしょう。

 筆者の場合、最低でも、文庫本や小さなデジカメ、筆記用具は必須なので、外出時にはカバンを使います。世の中には、出歩くときにはカバンなど持たないという人もいますが、モバイル好きの人はいろいろと機器を持ち歩くため、たいていはカバンを持ち歩いているようです。

 こうしたカバンには、2つの目的があります。1つはノートパソコンなど、中に入っている物を保護すること。もう1つは、細々とした物をうまく整理することです。だいたいカバンを使うというのは、こうした機能が必要だからで、単に何かを持ち運びたいだけなら、紙の手提げ袋とかスーパーのレジ袋でも役目を果たします。

 まず、保護という点ですが、最近はやりのエコバッグみたいな物でなければ、たいていのカバンは、中身を保護できます。ただ、ノートパソコンなどは、壊れやすいので、緩衝材となるクッションなどが入った物が好まれます。世の中には、俗に「インナーケース」と呼ばれる、衝撃を和らげるような素材を使ったノートパソコンのケースがあり、これを使えば、カバン自体がノートパソコンを入れるようになっていなくても、何とかなります。

 しかし、筆者が使った限りでは、インナーケースを使うと、ノートPC自体がかさばってしまって、カバンが大きくなりやすく、また、出し入れも少し不便な気がします。よほど、気に入ったカバンがあって、それが、ノートパソコンを入れるのに向いていないのなら、選択肢としてあり得ますが、そうでないなら、わざわざ、この組み合せにする必要はないと思います。とはいえ、筆者は、あまりファッションなどに気を遣うほうではないので、必ずしも筆者の意見が正しいともいえないのですが……。

 もう1つ保護という点で気にしなければならないのは、カバンの取っ手やショルダーベルトなどが、丈夫であるという点です。カバンは場合によっては、多少重い物を入れる可能性がありますが、こうした部分は壊れやすく、外出中に壊れてしまうとカバンごとノートパソコンが落下する羽目になります。運が悪いと、そのまま、階段の下まで落ちてしまうなんてこともあり得ます。

 布製なら、縫いつけてある面積が広く、縫い目が斜めに交差するように縫いつけてあるような丈夫な物を選ぶべきです。特に外から縫い目が見えないような物は、簡単に縫いつけてある可能性もあり、ノートパソコンなどを入れるカバンとしては避けるべきでしょう。オマケで貰うようなカバンは、ちゃんとしたカバンメーカーの製品でなければ、安物である可能性が高く、日常的に使うべきではありません。

 最近では、軽量なノートパソコンも出てきましたが、カバンが丈夫で困るということはないでしょう。ノートパソコン以外にも、買った物などを入れることもあるでしょう。場合によっては、約束に遅れそうになって走ることもあるかもしれません。あるいは混雑した電車で引っ張られる可能性だってあります。モバイル機器にとって、カバンが丈夫であることは、最低限の条件です。

 また、ショルダーバッグの肩掛けベルトは、丈夫な物や、肩への負担が軽くなる物が単体で販売されています。肩掛けベルトを替えるだけで、カバンが軽く感じるようになるなどメリットがあるので、必要に応じて交換するといいでしょう。肩に当たる部分が厚くなっていたり、幅が広くなっているなど、いろいろ工夫されている物があります。筆者が使った感じでは、ここが、伸縮性のある素材になっているベルトが最も、肩に感じる重さを軽く感じました。同じ重さのカバンでも肩で感じる重さがぜんぜん違ってきます。

 また、カバン自体がある程度の堅さを持っていて、形が崩れにくく、床面に置いてもそのまま立っていられるような構造の物のほうが、写真を撮ったり、乗り物に乗るときに下に置いておけるので便利です。カバンの底面に「石突き」などと呼ばれる、金属やプラスティックの突起がある物を選んだほうがいいでしょう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら