みなさん、モバイルしていますか?モバイルの楽しさは、いつでもどこでも、ネットやリッチコンテンツ(音楽、動画、ゲーム)が楽しめるところです。しかし、最近は他の用途も出てきました。スポーツによる健康管理です。

 健康のためにランニングやウォーキングをやろう!と思っていても実行できない方は多いのではないでしょうか。実は、私もその一人でした。しかし、そこはモバイラーの特権を生かして、モバイル機器を楽しみながらスポーツをすることで、ランニングを続けることができています。

 常に持ち歩くモバイルだからこそ、思いついたときに、すぐに実行ができます。今回は、スマートフォンをどんな風に活用しているかをご紹介します。

 Windows Mobileスマートフォン対応で、ランニングやウォーキングで、楽しいアプリケーションがリリースされています。「3S RunningAssistant」です。Windows MobileスマートフォンをGPSと連動させることにより、リアルタイムで、走行速度、消費カロリーを表示します。

図1 「3S RunningAssistant」

 また、ログを取得できるので、パソコン上でGoogle Earthに走った経路を表示することもできます。Windows Mobileスマートフォンの「\My Documents\3S RunningAssistant\KML」に保存されたKMLファイル(Keyhole Markup Languageと呼ぶ、Google EarthやGoogleマップにポイントなどを表示するためのXMLファイル)を、パソコンにコピーしてダブルクリックすると、Google Earthが起動して地図に経路を表示することができます。

図2 Google Earthで、走った経路を表示
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら