では、ここで私が昨日テレビで視た映画、「オール・ザ・キングスメン」について検索してみよう(この映画、リメイクものですが、ハードな政治ドラマでけっこう面白かったです)。検索結果の画面を三つ並べてみる。

図5 まず、「CustomizeGoogle」を無効化した画面。ふつうにGoogle検索を使った場合はこうなる、という表示だ。
[画像のクリックで拡大表示]
図6 「CustomizeGoogle」を有効化し、初期値に従って表示した画面。目立つ変化としては、「他の検索サイトを試す」という項目が追加されている。
[画像のクリックで拡大表示]
図7 図4で筆者が手を加えた設定を反映した検索結果。見慣れた場所に広告表示がなくなって、あっと驚く。しかし、ほんとの驚きはもっと地味なところにあった。「約80,600件中1-10件目」と表示されているのだが、あら不思議、下へスクロールしていくと、10件を超えてどんどん次の候補が表示されていくのである。
[画像のクリックで拡大表示]

 これはほんとうに不思議な使い勝手で、あえていえば、画像があるだけ無限にスクロールしていける「Picasa」のスクロールに似ている。「次へ」「次へ」と無限とも思えるクリックにじつはうんざりしていたことに、ようやく気づいた次第。

 ただ、あまりにもすいすいと検索結果を見ていくことができると、参考にしたいページがどのあたりにあったのかをついうっかり忘れてしまう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら