みなさん、モバイルしていますか? スマートフォンは、WILLCOM 03とiPhone 3Gが発売されて、今までにない大盛り上がりです。こういう状況が毎年続いてほしいなあ、と思っています。そのスマートフォンとはまた違うモバイル端末が、2008年7月11日に発売になりました。「WILLCOM D4」です。

 WILLCOM D4は、インテルのAtomプロセッサーを内蔵、500g以下の重量、Windows Vista搭載、W-SIM搭載で通話&通信機能内蔵、ワンセグ機能内蔵、キーボード内蔵、タッチパネル液晶、無線LANとBluetooth搭載、と普通のノートパソコン以上のスペックを小さなきょう体に詰め込んだ「ウルトラモバイル」というカテゴリーの商品です。

 スマートフォンとノートパソコンを毎日使っている私にとっても、このWILLCOM D4は、まさに異次元の世界のもの、宇宙人来襲くらいのインパクトのある商品です。一体どんな使い方をしたらいいか、どんな活用方法があるのか、全くイメージが作れません。これを使いこなすのは、相当のITレベルが高くないと、難しいと思われます。しかし、その高いユーザーにとっては、カスタマイズのしがいのある端末になっています。「さあ、かかってきなさい!」なんて、WILLCOM D4が語りかけているようです。是非、チャレンジしてくださいね。

 さて、発売後ではありますが、テスト端末をお借りできました。実際に使って感じたことは、画面タップをするより、タッチパッドを利用した方が快適でした。キーボードを操作するときは、画面タップをしがちだと思いますが、タッチパッドを利用すると良いと感じました。その点でも、今までにない新しい端末なんだなあ、と感じました。

 また、利用しているとファンがガンガン回りだして、あっという間にバッテリがなくなってしまいました。この辺りは大容量バッテリを利用するか、バッテリ消費の設定をいろいろ工夫すると良さそうです。

 それでは写真レビューです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら