Mac OS Xの下でWindowsを実行したい場合、いくつかの方法がある。まずは、Mac OS Xに付属してくるドキュメントに従って、Boot Campをインストールことだ。これは、Windowsをインストールするブートパーティションを作成する。Boot Campを使うなら、私はVistaではなくXPを選ぶべきだとお薦めする。

 こうすれば、Mac OS XあるいはWindows XPでMacをブートすることができる。これらはそれぞれ別のマシンとしてネットワークに現われる。どちらも、一方がネットワークに接続されているときに、もう一方は接続できない。このMacはIntelのCPUを搭載したコンピューターであり、Windowsパソコンにも姿を変えられる。そして、XPがきわめて良好に動作する。そうしたければ、永久にWindowsパソコンとして使い続けることができる。Windowsのメインマシンにすることもできるし、そのときにはこれがMacでもあることは忘れてしまえる。そのようにしたい人がいる理由を全く理解できないのだが、できることは確かにできる。

 私はXPをBoot Campパーティションにインストールしたのち、Mac OS Xをリブートし、VMware Fusionをインストールした。VMware Fusionを起動すると、まずBootcamp Windows XPを実行するかと尋ねてきたので、「Yes」と答えたところXPが立ち上がった。XPは、MACのユーザー名とパスワードではなく、私のネットワーク用の通常のXPユーザー名とパスワードを要求してきた。

 いくつかの非常に深刻なネットワーク接続の問題があることに気が付いた。実は一連のより大きな問題の一部に過ぎなかったのだが、ここではそれに触れる必要はない(参考記事:「iMacの“アクティベーション”にハマる」)。結局、その問題のうちの一つが、VMwareの下ではXPをアクティベートしたのに、Boot Campではそれをアクティベートしていなかったことだということが分かった。その対応策は簡単に分かった。つまり、Boot Campでリブートし、XPを立ち上げ、アクティブベートを試みることだった。ところが、いや! このコピーはすでにアクティベートされている! これはやめだ! マイクロソフトがそう言う。

 私には他にやることがあったので、これにはしばらく手をつけなかった。だが、とうとう私はある土曜日の夜、Boot CampでXPをブートし、電話でサポートに状態を説明することにした。電話は、バンガロールかボンベイにいると思われる退屈した様子の若い女性につながった。彼女は私の話を聞いてくれた。これは、アクティベートされたコピーと同じコンピューター上にあり、どちらもMacの上にある。彼女はしばらく席を離れ、非常に長い番号を持って帰ってきた。私はそれを丹念に書き留めて、私がコンピューターに実際に数字を入力する前に電話を切った。

 その非常に長い数字はとても有効だった。その後、XPはアップデートに大わらわになって、全てが終わるまでに1時間以上かかった。その後、私はMicrosoft Live One Careもインストールした。そして約1時間30分後にはMac OS Xを立ち上げ、VMwareを起動した。ここでもXPはきちんと立ち上がった。ネットワーク接続の問題は解消されていた。Office 2007 Ultimateをインストールし、アクティベートし、ちゃんと動くことも確認した。全ては快調に動き、不自然につまづくようなことはない。また、Mac OS XのアプリケーションとしてVMwareの下のXPにあるWord 2007と、Roxanne(Vistaシステム)の上のWord 2007の違いを認識する。さらに、私はRoxanneにドキュメントを残しておいて、それをまさにこのiMacでこうして編集している。本当に、ありのままに今起こっていることを話すとこうなるのだ。このドキュメントは、物理的にはVistaシステム上に存在している。私はMac OS XのWord 2008でそれを処理している。また、このファイルを閉じる気になったら、今度はVMwareの配下にあるXPを起動し、Word 2007でこのファイルを開き直すことができる。

 それはすべてスムーズに作動する。かなりクールだ。

もう少しiPhoneを使い込んでみた

 私は、ポケットコンピューターとしてのiPhoneが今も好きだが、電話としてもう少しはマシに機能してほしいと思っている。実は、前の携帯電話ほどアンテナが立たないのだ。そしてときどき通話が途切れるのだが、これは以前の電話(これもAT&Tだった)では絶対に起こらなかった。私はブースターで電波を増幅することを検討している。グリフィン社が、そのためのケースとアンテナブースターを組み合わせたものを作っている。1週間ぐらいで効果のほどが分かるだろう。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら