さて、前回までは(といってもかなり間があいてしまいましたが(笑))われわれからすると意外にもWindows Updateが不人気だ、という話をしました。不人気である理由はよく分かりませんが、とにかく使っていない/知らないという人が4割もいるようで、少々不安になってきます。

 では、Windows Updateしないとどんなことになってしまうのか、そのあたりから見ていきたいと思います。

 前回触れましたが、例えばInternet Explorerの脆弱(ぜいじゃく)性を悪用すると、そのWebページを見ただけで感染させられてしまう恐れがあります。Webページから何かのファイルをダウンロードするときは、普通は「ダウンロード確認」などのダイアログが出てくるので、ある意味自覚できるわけですが、警告は一切無くいきなり感染、ということになってしまうわけです。

 正直、これはかなり怖いところですね。怪しいページを見ただけで感染してしまうので。

 ・・・今「怪しいページ」と何気なく書きましたが、そもそも「怪しいページ」というのを見て分かる人が、いったい世の中にどのくらい存在するでしょうか?

 その昔、「怪しいページ」は判別しやすかったと言えます。背景が黒いとか(笑)、ちょっと怖いイメージやイラストとか、普通見ない書体のタイトルとか、見て分かる特徴があったからです。どうかすると「いったいいつの時代の話だ?」とか言われてしまいそうですが(笑)、以前の「怪しいページ」は「怪しさ」こそがセールスポイントだったので、ノーマルなページとは一線を画すデザインポリシーで作ることが重要でもあったのです。

 しかし、今どきの「怪しいページ」は「怪しく見えないこと」の方が重要です。以前とは目的が異なってきているので当然といえば当然ですが、むしろ、極力怪しいことを悟らせないように偽装工作を行っています。その偽装工作は年々巧妙化していますので、今では専門家ですら見分けがつかないほどです。

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が2020年1月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら