「Eee PC」に代表される小型・低価格ノートパソコンは、日本発で登場すべきだった。こうしたイノベーションを生み出すのに十分な技術力を持ちながら、台湾や米国などの海外勢に先を越されるまで身動きが取れなかったことに、日本のパソコンメーカーの病巣の深さを感じる。2008年6月3日~7日に台湾・台北市で開催された「COMPUTEX TAIPEI 2008」会場で、各社が競って製品発表した最新の小型・低価格ノートに触れ、筆者が感じた印象である。

 改めて書くまでもなく、日本のパソコン業界の技術者たちは、モバイルノートの開発・改良に長年、力を注ぎ続けてきた。シャープの「Mebius MURAMASA」、ソニーの「バイオノート505」、東芝の「dynabook SS」や「Libretto」、富士通の「FMV-BIBLO LOOX」、そして松下電器産業の「レッツノート」など、話題になったモバイルノートは枚挙にいとまがない。

 筆者は昨年、2007年7月9日号の『日経パソコン』誌で「モバイルPC徹底研究」という特集記事を書いた。当時のモバイルノートは、各社が最先端の技術を惜しげもなく投入し、ハイレベルな争いをしていた。例えば、超低電圧版Core 2 Duoの登場や周辺回路の電源制御の厳格化により、一定の処理性能を確保しつつ、(あくまでカタログ値だが)10時間を超えるバッテリー駆動時間を実現。きょう体に用いるマグネシウム合金の薄肉化や炭素繊維の天板への採用、メイン基板の多層・薄型化、0603サイズ(0.6mm×0.3mm)の小型部品の採用、冷陰極管(CCFL)に代わるLEDバックライトの普及、そしてHDDに代わるSSDの搭載など、爪に火を灯すような工夫の積み重ねで性能向上と消費電力の削減、薄型・軽量化を実現していたのだ。筆者はパソコンメーカー各社に取材に赴き、各社の最新モバイルノートに込められた技術について聞き、そのたびに少なからぬ興奮を覚えていた。

 しかし実際には、各社の技術者が魂を込めて世に問うたこれらのモバイルノートは、売り上げという点では芳しい成績を収められていない。電子情報技術産業協会(JEITA)の国内パソコン出荷統計によると、モバイルノートの国内出荷がピークだったのは2005年度で、出荷台数は183万台。その後は出荷台数が減少し、2006年度は144万4000台、2007年度は127万4000台にとどまった。Windows Vista発売前後に国内パソコン市場が全体的に冷え込んだことに加え、個人情報保護の観点から企業ユーザーのモバイルノートの利用が減少したこと、リチウムイオン電池の発火事故が相次いだことにより、個人ユーザーのモバイルノート購買意欲が減退したことが主な原因とみられる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら