アップル MacBook Air

 今年1月に鳴り物入りで登場した「MacBook Air」は、アップルらしい美しいデザインで注目を集めた。いささか発売から時間が経った製品だ。パソコンとしてのハードウェアのレビューや、新しいMac OSの評価はすでにさまざまな形で紹介されているので、そちらを参考にしてほしい(参考記事:「初めての人に贈るMac事始め」、「Mac独特の“作法”に慣れよう」)。今回の「ビジネスPCテストルーム」では、ビジネスパーソンが使うノートとして、MacBook Airを評価してみたい。ビジネス環境ではWindowsを使えることが必須。そこで、MacBook AirにBootCampを導入し、Windowsパソコンとしての使い勝手に絞ってチェックしてみた。

アップルの「MacBook Air」。美しいデザインは、Macならでは
[画像のクリックで拡大表示]

正面からのカット。単に薄いだけでなく、通常の視点からさらに薄く見えるように、角に傾斜をつけているという
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら