メガネというものはどうして人を惹きつけてやまないのでしょうか。

 メガネを探すしぐさの面白さ。
 たとえば、漫才の巨匠、きよしさんの「メガネ、メガネ・・・」。

 ただただ、メガネを探しているだけなのに、なぜか面白い。

 メガネをかけているというだけで、無条件で面白い人もいる。
 仲本工事、ケントデリカット、大木凡人・・・

 昔の外国映画に出てくる日本人が、メガネをかけて出てきたときの嬉しさ。
 「デター!!」メガネ=日本人、ステレオタイプ、外国人の思い込み

 普段はまったく面白くない人なのに、何かにぶつかったりボールがぶつかったり、転んだりしたときにメガネが斜めにずれた時のあの面白さ。

 メガネを普段からかけた人が、メガネをとったときに感じてしまう違和感。あのしょぼくれたメガネ顔の面白さ。

 あぁ、メガネメガネ。メガネメガネ。

 僕が、もし自分があだ名でどう呼んでもらいたいか、と言われるのであれば、それはずばり「メガネ」。「うるせい!このメガネ野郎」なんて言われようものなら、怒られていたとしても「はい、そう言っていただけて光栄です。」と思わず言ってしまうことでしょう。

 もしも願いが叶うなら、カヤックの社員は全員メガネをかけた社員しかいません、という会社にしたい。

 ちなみに、カヤックのWEBサイトの全社員紹介ページにはメガネ社員だけを絞り込み検索できる機能があります。

参考:メガネ社員一覧
意外と少ないな・・・

考えてみれば、もともと、メガネをかけるという行為は、目が悪いという身体的な障害を持ったということであり、昔は恥ずかしいことだとされていたという話は、よく聞くエピソードです。

 そのせいか、漫画の中に出てくるダメ人間キャラは、大体のところメガネをかけているという事実に驚かされます。

 野比のび太しかり、ど根性ガエルのひろし、ボヤッキー、キバヤシ(MMR)しかり・・・

 でも、そのような世の中的には欠点やマイナスだと思われていることにおいても、このように愛すべきポイントが実は沢山あります。それは欠点ではなく、もしかしたらその人の持つ誇るべき特徴ではないかと思うのです。

 僕が常々思っているのは、お笑いタレントの方々は本当に無敵だなと。どんな不幸が起きても、どんな自分がブサイクでもそれをネタとして考えてしまう。だからネタになることがあればあるほど、楽しくなってくる。これは本当に見習うべき点で、人はきっと誰でも考え方次第でもっと自由になれるのです。

 あ、でも、今は、もうメガネは、特徴とは言えないのでしょうか。

 調べてみました。
 「今の日本の小学校のメガネ率」3人に1人がメガネっこ。

 ここまでみんな目が悪くなってきてしまうと、メガネをかけているということ自体が特徴でも何でもなくなってきてしまいます。

 残念なことです。

 ちなみに、カヤックでは社員みなのメガネ好きが高じてこんなサービスを作ったことがあります。

 ・メガネ交換サービス「MTP( Megane Transfar Protocol)」 (現在はサービスを中止しております)。

 自分のいらなくなったメガネ(基本的にはレンズは流用できないので、フレーム)と、あなたのいらなくなったメガネを交換しようというサービス。これが全くはやらなかったサービスです。はやるわけがない。