最近、私はドコモの905iシリーズに機種変更したばかりです。基本使用料が安くなる「バリューコース」を選び、なおかつ端末は分割ではなく現金一括で購入したので、月々の負担額は以前よりかなり安くなっています。しかし、NTTドコモはついにシェア50%の大台を割り込んでしまいました。

 最近ドコモは、バリューコースを選択したユーザーに優待キャンペーンを実施しており、基本使用料が3カ月間は最大2100円割引になります。私の料金プランの場合、いまドコモに支払っている基本使用料はなんと「タダ」です。いくら期間限定とはいえ「安くなったなあ」という感慨を抱かずにはおられません。実際、ドコモの場合を例にとると、最安になるケースでは基本使用料はもはや「月額1050円」。さすがに、これ以上の値下げはそう簡単ではないでしょう。

 しかし、これだけ値引きしているにも関わらず、ドコモは番号ポータビリティでは制度開始以来一貫して転出超過。純増数でもソフトバンクやauに次ぐ3位がすっかり「定位置」となってしまいました。

 先ほどの基本使用料で見たように、ドコモの料金は他社に比べて決して高いとは限りません。利用パターンによってはauやソフトバンクより安くなる場合も少なくないのです。ドコモの中村社長は、記者会見などで「ドコモの料金は高くないという事実がなかなか伝わっていない」という趣旨のコメントをしています。

 しかし、それこそ「自業自得」というものではないでしょうか。やれ長期契約割引だ家族割引だ、それに加えて2年契約すれば割引率を上げてやるだの何だのと、ユーザーが分かりにくい複雑怪奇な料金システムにしておいて、その結果、「ドコモの料金は果たして高いのか安いのか、よく分からない」という「イメージ」を自分たちで作り上げてしまったわけですから。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら