数の単位にはいろいろある。その意味を気に留めることは少ないが、単位によっては意外な真実が隠されている。知られざる単位の謎を解き明かそう。

「16MiB」とはどのくらいの容量?

 第1章でも解説したように、パソコンでは、2進数と10進数の表記が混在している。中でも問題は、いくつかの単位が本来と違う意味で使われていることだ。

 記録容量や通信速度などに使われ、10の累乗倍を表すk(キロ、10の3乗)、M(メガ、10の6乗)などの単位は「SI接頭辞」といい、国際的に定められたものだ。だがパソコンでは、容量など2進数にのっとった数値でも、同じSI接頭辞を使う。そのまま表記した方が簡単だからだ。

 単位の併用で厄介なのは、数が大きくなるに伴い、その差が広がる点である。例えば、容量1TBは10進数だと(1000000000000バイト)、2進数では(1099511627776バイト)になる。約10%の差だ。この差は数値が大きくなるほど広がる。加えて、単位だけでは両者の判別がしにくい点も懸念されている。

 そこで国際電気標準会議(IEC)は1998年に、SI接頭辞に「i」を付けて区別する2進接頭辞の表記法を承認した。2の10乗倍がKi(キビ)、2の20乗倍がMi(メビ)となる。周辺機器メーカーの一部が仕様の表記に採用するなどしているが、本格的な普及には至っていない。

●数の表記に2種類の単位がある
容量の表記などに「MIB」(メビバイト)などの2進接頭辞が使われることがある。従来のSI接頭辞は10の累乗なのに対し、2進接頭辞は2の累乗になる
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら