2011年は、国内の電子書籍事業に参入する企業が相次ぎ、電子書籍配信サービスが急増した。その起爆剤となったのが、急速に普及したスマートフォンやタブレット端末などのモバイル機器(図1)。通勤時やちょっとした待ち時間に読める手軽さから、利用者の裾野を大きく広げた。

 電子書籍の増加も後押しした。話題の新刊書や人気作家の小説/コミックが電子書籍化されるなど、コンテンツが充実してきている。一方で、課題も浮き彫りになりつつある。それは仕様の標準化が遅れていること。中でも電子書籍のフォーマットが問題視されている(図2)

 当初、日本語表記に適した標準的なフォーマットが存在しなかったこともあり、多数のフォーマットが考案された。現在では、電子書籍で利用されるフォーマットは、国内だけで数十種類に及ぶ。フォーマットの多くは独自形式であり、OSの標準機能では読むことができない。閲覧するには、配信サービスが公開している各端末用のリーダーを使う必要がある。ややこしいのは、配信サービスによっては、複数のフォーマットに対応していることだ。通常は電子書籍のフォーマットごとに、対応するリーダーを使うことになる。

●電子書籍の環境は整いつつある
図1 スマートフォンやタブレット端末などの普及が進み、電子書籍の利用が広がっている。話題の新作が電子化されるなど、コンテンツも充実してきた
[画像のクリックで拡大表示]

●電子書籍配信サービスは乱立気味
図2 さまざまな電子書籍配信サービスが立ち上がっている。問題は、対応する機器や電子書籍のフォーマットなどが、サービスによって異なる点だ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら