大掃除では、まずはいらなくなったアプリケーションやデータを処分しよう(図1)。たとえ年末でなくても、1年のある時期にパソコンの大掃除をすると決めておくのは良いことだ。どのアプリケーションやデータを捨てるか迷ったとき、「1年間、手も付けなかったこれは捨ててもよい」といった判断がしやすい。

【大掃除の流れ】
図1

 いらないものを捨てたら、散らかったハードディスクの中身を整理する。文書ファイルや画像はもちろん、スタートメニューやブラウザーのブックマーク(お気に入り)なども、増えすぎて見づらくなったり、使えないリンクが放置されていたりする。いざというとき必要なデータが見付からないこともあるので、余裕のあるうちに分類しておきたい。

 きれいな環境を作ったら、その状態をバックアップしておくと後のトラブルに備えられる。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら