Webブラウザーでよく押されるボタンの1つが「戻る」ボタン。だが、「戻る」ボタンを押しても、前のページに戻れないことがある(図1)。原因は、移動前のページと移動後のページの間に「リダイレクトページ」があるためだ(図2)。

【「戻る」を押しても、同じページが表示され続ける】
図1 Webブラウザーでよく押されるボタンの1つが「戻る」ボタン。だが、「戻る」ボタンを何度押しても、移動前のページに戻れずに、現在のページが表示され続けることがある
[画像のクリックで拡大表示]

【見えない「リダイレクトページ」が原因】
図2 「戻る」ボタンを押してもWebページBからAに戻れないのは、リダイレクト用のWebページB'が間にあるため。WebページB'では、アクセスしたユーザー(ブラウザー)を、METAタグなどを使ってページBに強制的に移動させる
[画像のクリックで拡大表示]

 ここでの「リダイレクト」とは、あるWebページにアクセスしたユーザーを、別のWebページに誘導すること。リダイレクトページは、Webページを引っ越した場合などに使われる。例えば、「ページB」を公開しているサイト運営者が、そのURLを変更したとする。すると、今までのURLにリンクを張っている「ページA」からは、新しいページBにアクセスできなくなる。

 そこでサイト運営者は、リダイレクト用の「ページB’」を今までのURLに設置。そのURLへのリンクをクリックした場合には(図2(1))、リダイレクト用のページB’を経由して(同(2))、新しいWebページBにアクセスできるようにする(同(3))。ページB’の表示時間はサイト運営者が自由に指定できる。表示時間を「0秒」とするとページは瞬時に切り替わるので、ユーザーには、ページAからBに移動したように見える(同(4))。

 リダイレクトさせる方法は複数あるが、以前からよく使われているのが「META(メタ)タグ」と呼ばれる命令(タグ)を使う方法だ。METAタグは、Webページに関する情報をブラウザーなどに知らせるためのタグ。METAタグの情報は、ブラウザー上には表示されない。リダイレクト以外にも、Webページのキーワードや制作者に関する情報を埋め込むといった用途に利用される。

 便利なリダイレクトページだが副作用がある。それが「『戻る』ボタンで戻れない」という現象だ。移動先のページBで「戻る」ボタンを押すと(図2(5))、リダイレクトページに戻り、すぐに元のページBが表示されてしまうのだ(同(6))。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら