「カセットテープ」―レコードやラジオ番組の録音に、これほど便利なものはなく、いわゆる「ラジカセ」は家に数台あることも珍しくない必需品でした。ラジカセは壊れてしまっても、テープは捨てるに捨てられないという人は多いのではないでしょうか。

「Cassette to DIGITAL(右)」「Cassette&Record to DIGITAL(左)」 写真/渡辺慎一郎

 ノバックの「カセット・トゥ・デジタル」は、カセットテープの音源をiPod(アイポッド)やウォークマンなどの携帯音楽プレーヤーで楽しめるMP3形式に簡単に変換できる機器[注]。木製のきょう体は、どこか懐かしさを感じるデザインで、好印象です。外観と同様、操作もシンプルです。パソコンとカセット・トゥ・デジタルをUSBケーブルで接続し、付属のソフトを起動します。次に、カセットテープを写真のように差し込みます。カーステレオの要領です。後は、ソフトで録音をスタートすればOKです。

 実際に落語のテープなどを録音してみましたが、デジタル化することで聴く機会が増えそうです。残しているテープの中には、現在CDでは入手できないタイトルも見つかりました。所有している中から"お宝"を再発見する喜びは、デジタル化の副産物かもしれません。

 ところで、録音の際にはいくつかのコツがあります。まずカセット部は、オートリバースではなく、再生と早送りのみ。そのため、テープが途中のときは最初にB面で早送りしてから利用することになります。こう書くと面倒そうですが、実際にはそれほど苦にならない作業です。もう1つはファイルの分割です。カセット・トゥ・デジタルでは、基本的に1つのファイルにします。落語のような音源は問題なくても、音楽は1曲ごとのファイルにしたいもの。付属ソフトには「無音時間」を秒数で指定し、それを目安に自動的にファイルに分割する機能があるので、これを使いましょう。

 カセット・トゥ・デジタルは、思い出の音源を蘇らせるスグレモノと言えます。レコードプレーヤーが付いた姉妹品もあり、レコードがある人にはお薦めです。

[注]メタルテープやクロームテープには対応していません。

出典:日経PCビギナーズ 2010年9月号
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。