渡辺 勝弘、園田 道夫、有限会社タプレ

 インターネットで海外の宝くじをあっせんしている業者を見かけます。実は海外の宝くじを日本国内で売買することは違法であることをご存じですか。これを利用したネット詐欺が存在するようです。応募していないのに「当選しました」といったメールが送られてきて手数料を要求する、などです。

 一獲千金を夢見る人は万国共通で、日本国内でも数億円の当選賞金を獲得できる宝くじは人気の的です。海外では数10億円の賞金が当たる高額宝くじが販売されていて、高額の賞金が当たると、テレビや新聞でも報道されているのはご存じの通りです。

 ところが、こうした高額賞金が当たる海外宝くじをネタに、ネット詐欺が行われているのです。ある日突然、応募した覚えもないのに高額の賞金が当選した旨のメールが送られてきます。そして、手数料と称してお金を要求してくるのです。もちろん、当選など全くのでたらめで、初めから手数料をだまし取ることが目的です。実際に数10万円の手数料を支払ってしまったという被害事例が報告されています。

 海外宝くじだけでなく、ソフトウエアの不正コピー品、ライセンス違反品、輸入薬品、ドラッグ類、ポルノなど、インターネットで違法品を販売する事例は数多く存在しています。先に代金だけを振り込ませて、品物を送らないケースがとても多くみられます。物が違法品だけに警察にも言えず、泣き寝入りすることがほとんどで、被害が発覚しないことも、この手のネット詐欺の特徴です。

  海外宝くじで夢は見られない

イラスト:きよすけ、笹野 喜嗣
出典:ネットでだまされない方法
記事は執筆時の情報に基づいており、現在では異なる場合があります。