苦労して作ったオフィス文書、決定的瞬間をとらえたデジカメ画像─。このような、なくしてしまったら二度と取り戻せないファイルを、いったん保存したままで安心してはいないだろうか。実はそこに、大きな危険が潜んでいる。ファイルを保存した先のハードウエアが、壊れてしまう可能性があるからだ(図1)。そうなると、大事なファイルを取り戻すことは、ほぼ不可能になる。

 ファイルを保存する先としては、まず第一にハードディスク。データを外に持ち出すときは、USBメモリー。データを他人に配布したり、大事なデータを長期間保存するにはDVD-R。こうした記録メディアを使うことがほとんどだろう。

【記録メディアが壊れると大事なデータが失われる!】
図1 ファイルを保存するための記録メディアは、残念ながら長い間使っていると必ずどこかの時点で壊れてしまう。そのことを知らないと、大切なデータを不意に失うことになる。壊れる可能性があることをしっかり認識し、そのための対策を立てておく必要がある
[画像のクリックで拡大表示]

仕組み上、寿命は宿命、いつ壊れてもおかしくない

 どんな記録メディアにも、必ず寿命がある。いつかは中のデータを読み出せなくなる。

 まずUSBメモリーは消耗品だと考えよう(図2)。大事なファイルをUSBメモリーに入れたまま、長期間保管するのはとても危険。放っておくと、保存したファイルがきれいさっぱりなくなる心配さえある。USBメモリーは、パソコンのメインメモリーと違って、内部に電子を蓄えておける。だから、電源がなくてもデータを消さずに保存できる。しかし、頻繁に使うと劣化が進み、電子を蓄えられなくなってしまう。そうなると、保存したデータが消えてなくなる。これがUSBメモリーの寿命だ。USBメモリーはあくまで、ファイルを持ち運ぶための道具だと割り切ろう。

図2 USBメモリーは消耗品と割り切ろう。使えば使うほど、劣化する。長期保管には向かない
[画像のクリックで拡大表示]

 30年持つといわれるDVD-Rでも、保管方法を間違うと寿命を縮める心配がある(図3)。DVD-Rは、何より太陽光に弱い。太陽光を当て続けると、データを記録した部分が変質し、やがて読めなくなってしまう。熱もDVD-Rには大敵。暑いばかりでなく、寒いのも寿命にはよくない。表面に傷が付いたり、指紋や汚れが付いても、データは読めなくなる。保管の仕方次第で、寿命を長くも、短くもできるのだ。

図3 30年持つといわれるDVD-Rも、誤ったやり方で保管すると、寿命が極端に縮まってしまう
[画像のクリックで拡大表示]

 ハードディスクも消耗品と考えよう(図4)。いつか必ず壊れるものという覚悟が必要だ。構造を見てみると、ハードディスクは精密機械そのもの。衝撃にとても弱い。加えて、ネットブックをはじめとするモバイルノートの普及で、パソコンを持ち運ぶ機会が増えている。手荒な扱いは、即故障につながる。ユーザーは手荒に扱ったつもりはなくても、ハードディスクには耐えられない衝撃になっていることもある。ハードディスクは大容量なだけに、故障すると膨大なファイルを失うことになり、被害は大きい。

図4 衝撃に弱いとされるハードディスク。その理由がわかると、意外にもろいものだと認識できるだろう
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)が4月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら