ようやくWindows 7が正式リリースされた。Vistaの失敗から学んだという新OSは、発売前から評判は上々。高速性、互換性、操作性をいかに実現しているのか、その実力を検証する。

 10月22日、新OS「Windows 7」が一般向けに発売される。パッケージだけでなく、Windows 7を搭載したパソコンの販売も同時に開始され、店頭の風景は大きく様変わりする。これを機に、新しいパソコンの購入を検討している人や、使用中のパソコンをアップグレードして、新たなパソコンライフを始めようという人は少なくないだろう。

 前バージョンのWindows Vistaはあまり評判が良くなかっただけに、今回のWindows 7に対するユーザーの期待は大きい。6月26日から10日間の予定で行われた大幅な割引価格での先行予約は、数日で完売。9月25日に始まった優待予約販売も、「待ちに待ったという感じで、問い合わせは多い。予約もかなり出ている」(ビックカメラ有楽町店本館PCソフトコーナー主任の谷口亮太氏)と好調な滑り出し(図1)。いち早く予約した60歳代の男性は、「マイクロソフトの都合で次々とOSが変わるのは賛成できないが、乗り換えるだけの価値があるのかどうかを、実際に使って確かめたい」と興味津々だ。

●一般発売は10月22日!
図1 10月22日から一般向けに販売が始まるWindows 7。店頭では9月25日から予約を受け付けていて、好調な滑り出しだという
[画像のクリックで拡大表示]

 マイクロソフトによれば、これら予約分だけでVistaの発売後1カ月間で販売した本数を上回る。企業においても、半年以内の早期導入を決めている企業が163社(9月1日時点)と、同時期のVistaが18社だったのに対して格段に多いという。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら