今や16GBで3000円以下などという激安製品もあるUSBメモリー。一昔前のフロッピーディスク感覚で、デジカメ写真やOffice文書などの“マイデータ”を普段からUSBメモリーに保存している人も少なくないだろう。そこで気になるのはUSBメモリーの寿命。正確に言うと、それが採用している半導体チップ、フラッシュメモリーの寿命だ。

 フラッシュメモリーは電気的に情報を記録・消去でき、電源を落としても情報を保持できる半導体チップ。USBメモリーに限らずmicroSDやSDといったメモリーカード、あるいは携帯音楽プレーヤーなど、さまざまな機器で記録メディアとして採用されている(図1)。特に最近は、磁気記録メディアの代わりにフラッシュメモリーを採用したドライブ装置、SSD(solid state drive)がブーム。SSDの記録容量も登場当初こそ16GBや32GBと小さかったが、現在では100GBを超える製品が登場している。CドライブをSSDにしてWindowsなどのOSをインストールできるご時世である。

【これらの機器の共通点は“フラッシュメモリー”】
図1 速い・強い・省電力・小型と4拍子のフラッシュメモリー。パソコンの周辺機器から携帯プレーヤーまで幅広く利用されている
[画像のクリックで拡大表示]

 ところが悩ましいことに、フラッシュメモリーには「データ保持期間」「書き換え可能回数」なる仕様が存在する。半導体チップや周辺機器のメーカーなどが提示している指標だ。現行製品の多くが採用しているMLC(multi level cell)というタイプのチップでは、データ保持期間は5~10年、書き換え可能回数は5000~1万回ほどだ。

 データ保持期間5年とは、例えばUSBメモリーをパソコンから外して5年間机の中に放置すると、データが電気的に消失する可能性があることを意味する。また、書き換え可能回数が5000回とは、同じ個所を5000回書き換えるとその部分が使用不能になる恐れがあるということ。いずれもハードディスク(HDD)などでは基本的に起きない、フラッシュメモリー特有の問題である。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら