Esc、Print Screen、Pauseって何に使う?

 現在、Windowsパソコンで一般的に使われている「109キーボード」は、その名の通り109個のキーが配置されている(製品固有のボタンなどは除く)。毎日のように使う身近な周辺機器だが、中には一度も使ったことがない、用途すら分からないキーがあるはずだ。

 代表格が[Esc][Print Screen][Scroll Lock][Pause]など、キーボードの最上列に並んでいるキー。[Esc]は使ったことがあるだろう。これを「イーエスシー」などと読んでいたら恥をかく。「逃げる」を意味する「Escape」の略で、操作や処理を取り消すときに使う。Windowsの画面をそのままコピーする[Print Screen]は、パソコンのマニュアル作りに便利だ。一方、[Pause]や[Break]のように、Windowsではほとんど使わないキーもある。

キーボードの上部には、[Esc][Print Screen][Scroll Lock][Pause]など、英語の名前が付いたキーがあり、[Print Screen]と[Pause]は、それぞれ[SysRq]と[Break]に切り替えられる。その用途は表の通りだ
[画像のクリックで拡大表示]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら