先日、取材の中で、「顧客に対して心掛けていることは何ですか?」という質問を受けました。その時には、その場で思いついたことをいくつか答えたのですが、改めて考え直し、まとめてみることにしました。

まず、僕らにとっての顧客とは?


 僕らは、WEBサービスの開発を生業にしています。その中を大きく分けると、受託開発と自社サービスの2つになります。したがって、僕らにとっての「顧客」は、受託開発であれば開発依頼をしてくれたクライアント、自社サービスならそのWEBサービスに参加してくれるユーザー、ということになります。

 そこで、それぞれの「顧客」に対して、心掛けていることを、2回に分けて紹介したいと思います。まず今回は、受託開発編です。

あらゆる選択肢をシミュレーションしたという全体像を見せる


 僕が駆け出しの頃、広告業界で大先輩となるWEBディレクターに、質問をしたことがあります。

 「ロゴのデザイン1つで、10万円のものもあれば、500万円のものもある。その違いって何ですかね?」

 返ってきた回答は、「しっかりとしたシミュレーションのもとに考えられた案かどうかの差だな」。

 「例えばそれは、そのロゴがどういうシーンで使われるか?をちゃんとシミュレーションして、あらゆるシーンに対応できるものにしているってことだな」と、補足の解説をしてくれました。

 当時は、その回答に対して、「はぁ。そんなもんですか」という程度の愚鈍な反応しかできなかった僕ですが、この回答の正しさを年々実感するようになりました。(もちろん他にも解はあるでしょうけども・・・)

 確かに、良いものというのは深く考えられている。だから価値が高いということなのだと思います。

 そうはいっても、クライアントには、その深く考えられた過程というのはなかなか見えないものです。それをしっかりと見せることが信頼に繋がります。

 だから、僕はクライアントに、何か提案する時は、他に検討(シミュレーション)した案はどれで、どういうメリット、デメリットがあって、でなぜそれを提案するのか?というように、なるべく全体像を見せることを心がけるようにしています。

 まず、これが1つ目です。

 そして、2つ目に心がけていること。

最初に、僕がカヤックの社員だという立場を捨てる。


 これはどういうことかというと、まず僕がカヤックという会社の人間であることを忘れて、クライアントの立場になって「最適な解は何なのか?」と考えて、話を聞くということです。

 今は「WEB制作会社」といっても、かなり細分化されていますし、得意不得意が会社ごとにあります。我々は作る側の方にいるのでそれを判っています。でも、頼む方にそれはわかりづらいのです。WEBサイトを作るという意味で、十把一絡げにしていたり、あるいは、自分達のやりたいことはわかっているのだけど、それを実現するにあたって、そもそもどういうところに頼んだらいいかわからない。そういうケースが多い。

 そんな時に、クライアントの立場になって、そのWEBサイト開発の目的やターゲットや、あるいは現状の抱えている問題、そのクライアント様のリソースやスキルそんなものを考慮して、そもそもどういう開発会社に頼むべきなのか、予算はどの程度でやるべきなのか、そういったことを自分の立場抜きにして、相手の立場でまっさらな状態で考えます。

 その結果、うちではなく別の会社に頼んだ方が良さそうな時は、その旨を伝えて紹介したり、あるいは、こういう会社に頼んだ方が良いとアドバイスします。そして、そのように公平な見方をした上で、我々がふさわしいと思った時にのみ、手を挙げます。

それが双方にとっていい仕事になる秘訣だと思うからです。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら