最近は、欲しい新譜がリリースされるとCDで購入するか、iTunes Storeなどの音楽配信を利用して購入するか、迷うことが増えてきた。現状、iTunes Storeではまだ、DRM(デジタル著作権管理技術)がある音源が多いので、CDのほうが優勢ではあるが、つい衝動買いをさせられてしまうのはiTunes Storeのほうだ。今すぐ聴きたいという欲求に応えてくれる。

 もしこれですべての音源がDRMフリーになり、なおかつ品ぞろえがCDでもiTunes Storeでも同じになったら、ワタシはどちらで購入するだろうか。

 と考えてみたときに、気になるのはライナーノーツ(CDやレコードなどに付いてくる解説が書かれた冊子)という存在だ。例外はあるが、iTunes Storeで購入してしまうと、基本的にライナーノーツが手に入らない。

 実を言えば、ほとんどの場合、それで困ることはない。CDで購入するものの大半が輸入盤であることもあって、ライナーノーツは読まないことのほうが多い。ごく基本的な曲目解説と、アーティストのプロフィール。そういったものなら、インターネット上でも読むことができる。

 ただ、時々どうしても必要なものが出てくる。たとえば、めったに演奏されない珍しい作品。あるいは通常とは異なる楽譜を用いた演奏であるとか、歌詞の入った曲など。やはり資料としてもライナーノーツが欲しい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら