IT韓国の象徴でもあり、自動車産業よりも大きいといわれるオンラインゲーム業界。それを支えていた全国2万店以上あるPCバン(ネットカフェ)の80%が廃業の危機に陥った。建設交通省が発表した「PCバン関連建築法施行令改定案」によって、4車線以上の大通りに面するPCバンだけが営業できることになったからだ。

 この改定案では、150平米未満でなければならなかった住居地域内にあるPCバンの店舗面積を2倍の300平米にする代わりに、幅が12メートル以上ある道路(4車線道路)に面しているPCバンだけが事業登録できるという条項が新設された。4車線に面していないPCバンが全体の80%に相当するため、約1万6000店が廃業を余儀なくされる運命にあるというわけだ。2008年5月からこの法律が適用される。中小都市はもちろん、田舎の町村や島にはそもそも4車線もの大通りがないことが多いので、そうしたところではPCバンの姿は見られなくなる。

 なぜこんなことになったのだろうか。

 韓国のPCバンのほとんどは住宅地にある30席未満の小規模な店舗で、母親の監視を逃れて「とことんオンラインゲームをしてやる!」という小中高校生がよく利用する場所である。PCバンでメールを確認したり会社の仕事をこなしたりする人はあまり見かけない。というのも、ノートパソコンと無線LANが普及したことや、全国の郵便局や市役所、区民センター、ファーストフード店にインターネットが無料で使えるパソコンが置いてあるので、ちょっとしたネット検索やメールの確認にはそれを利用すればよいからだ。

 韓国ではインターネットを利用する場所でもっとも多いのは自宅なのだが、ことオンラインゲームとなるとPCバンでゲームをする人が多くなる。というのも、自宅でオンラインゲームを利用すると月3万ウォン(約3700円)ほどの料金がかかるところ、PCバンで利用する場合はPCバンの利用料金として1時間1000~1500ウォン(約125円~185円)だけを払えばオンラインゲームをいくらでも利用できるからだ。特に、受験勉強で忙しい子供たちはちょっとした息抜きにPCバンでオンラインゲームに興じる。

 韓国では、オンラインゲームであってもネット上の見知らぬ人とゲームを楽しむのではなく、PCバンに友達が集まってわいわいと騒ぎながら遊ぶユーザーが多い。それに、オンラインゲーム会社が全国のPCバンを回ってイベントを開催することも多い。このため、「PCバン=オンラインゲームテーマパーク」のような存在だった。

 一方でPCバンについては問題点がたくさん指摘されていた。例えば、中高校生がオンラインゲームでレベルアップするためにPCバンに数日間も閉じこもってゲームをしては過労で倒れたり、日本のネットカフェのように個室のあるPCバンが登場したことで子供がどんなサイトを利用するか分からなかったりで、教育関係者からの反発が多かった。個人経営のPCバンの一部で売り上げのために未成年者の深夜利用を見て見ぬふりするところもあった。ほかにも、「PCバンというのは見せかけだけで、日本のネットカフェ難民のように貧困な若者の宿泊代わりになったり、ホームレスの休憩所みたいになっているのではないか」という指摘や、「店舗内部が暗く、電化設備がぎっしり詰まっていることから消防の面でも危険性が高く、消防車がすぐかけつけられる大通りに面した環境でないといけない」といった問題点も指摘されていた。

 そんな中に「成人用PCバン」というものが登場。法律で禁じられているパソコンを利用した換金制カジノゲームや画像チャットを使った風俗営業など、PCバンとして営業申告しておきながら、中身の全然違う商売をしていた業者が摘発された。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら