今回は、ちょっと手を動かして、マッシュアップを作ってみることにします。題材は「Twitter」です。おそらく、お使いの方も多いのではないでしょうか。

 プログラミングに利用するのはWindowsに標準で入っている「JScript」です。JScriptはJavaScriptに似た記述をしますが、マイクロソフトの独自機能が加わっています。そのため、パソコンのOS上でファイルを作成したり、OSの機能を利用したりできるようになっています。今回はJScriptで動作する、Twitter投稿アプリケーションを作成することにします。ではまずは完成図から。

完成図。ダイアログが出るだけの簡単なマッシュアップ

 10分ごとに立ち上がって、今、何をしているのかを問い合わせるように設定してあります。何も投稿したくない場合は、そのまま[OK]を押してください。何か文字を入力して[OK]を押せば、それがTwitterへ投稿されます。終了する場合はダイアログを閉じるか、[キャンセル]ボタンを押すと終了します。

 ではソースコードを順番に見ていきましょう。

ソースコード。全部で30行のごく短いアプリケーション

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら