マッシュアップ(mash up)はWeb 2.0時代の最先端技術。もともとは音楽用語で、複数の曲を組み合わせて新しい曲を作ることを言う。転じてインターネットの世界では、複数のWebサービスを組み合わせて新しいサービスを作ることを指す。

 などと言われてもピンとこない人が多いだろう。そこでおなじみのExcelを使い、シート上で具体的にマッシュアップしてみようという企画が本特集だ。実はWebサイトと似たようなマッシュアップがExcelでもできる。VBA(Visual Basicfor Applications)というプログラミング言語を使うので少々敷居は高いが、具体的なプログラムを見た方が下手な講釈より理解が深まる。

他人のふんどしがクール

 まず、Webサイトでのマッシュアップから見てみよう。図1はサン・マイクロシステムズとリクルートによるマッシュアップコンテスト「Mash up Award 3rd」で最優秀作品に選ばれた「ONGMAP.COM」というWebサイトだ。地名を指定すると地図が現れ、さらに周辺の飲食店、ホテル、学校、コンビニ、病院、バス停、果ては天気や地震情報、標高など、あらゆる情報を表示できる。

 これらの情報をすべてこのサイトで保持しているわけではない。実は、インターネット上にあるさまざまなWebサービスから情報をかき集め、ワンストップの地図情報サービスとして提供している。他人のふんどしで相撲を取るようだが、Web 2.0時代はこれがクールなのだ。

 とはいえ、フレーム(Webページ画面の分割機能)を使って単純に別のWebページを表示するのとは違う。例えば図1の下にある飲食店一覧は、別のWeb サービスから取得したデータを加工して独自のインタフェースで表示している。要するにプログラミング。プログラミング言語を利用して、いろいろなWeb サービスを組み合わせているのだ。

 ここで言う「Webサービス」とは、Internet Explorer(IE)などのブラウザーでアクセスできる普通のWebページだけとは限らない。実はインターネット上には普通のWebページを提供する以外に、プログラミング言語からアクセスして各種のデータを取得できるサービスがいろいろとある。中には普通にIEでアクセスできるものもあるが、基本的にはプログラミング用。つまり、プログラム向けに用意されたWebサービスと考えた方がよい。

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は申し込み初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら