ハードディスクがある日突然壊れたら・・・

 パソコンのハードディスクが突然壊れたら、とにかく困る。筆者は昨年末に突然パソコンが起動しなくなり、すごく困った。最初はWindowsのライセンス認証ができない、というおかしなエラーが出てログインできなくなり、サポートに電話したりして原因や対策をさぐっているうちに、ハードディスクがご臨終…全く起動しなくなってしまった。たぶんハードディスクの認証情報があるあたりのセクターが壊れて、その後あっという間に悪い部分が広がって…みたいな感じだと思う。あくまで後から考えての話だが。

 そういえば、それまでの1カ月ぐらい、データの書き込みが妙に遅かったり、コピーの途中で突然パソコンが自動的に再起動してしまったり、たまにハードディスクから変な音が出たりしてたなぁ…と思っても後の祭り。それなりに予兆はあっても、それらを見落としていては、何もならない。

 とりあえずほかのハードディスクに換えてWindowsを新規インストールし、外付けにくだんのハードディスクをつないでデータ復旧ソフトをかけたら、主だったファイルは回復できて、ある程度事なきを得た。しかし、ハードディスクが壊れてこんなふうにデータが救える可能性はどう考えても低いので、もしすべてのデータが失われて何も戻ってこないことを考えるとぞっとする。

 バックアップが必要、とはよく言われるが、けっこうバックアップを取っているつもりでも、最後にバックアップをとったのはだいぶ前のことだったりして、最新状態を常にバックアップしておくのは難しい。でも今回はバックアップソフトの話ではない。バックアップソフトやデータ復旧ソフトについては、別の機会に紹介することとしよう。

[そこでおすすめするのが「HDD Health」:次ページへ]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら