米民主党の大統領選候補者選びがまさにヒートアップ、抜きつ抜かれつの大接戦だ。そんな中でオバマ候補の公約が実に素晴らしい!!「Appleには、最新のiPodを買った直後に、新しくて高機能化したiPodを出させないようにする」

アップルにしてほしくないこと

 公約は、1月24日に放送した米CBSテレビの人気トークショー番組「レイト・ショー・ウィズ・デビッド・レターマン」(The Late Show With David Letterman)で飛び出した。米民主党の大統領選候補者バラック・オバマ氏が登場して10の公約を発表。いずれもパンチの利いたジョークだが、4番目に飛び出した公約が素晴らしい。iPodユーザーならだれしも拍手を送りたくなるような公約だ。

 「I won’t let Apple release the new and improved iPod the day after you bought the previous model.(アップル社に、最新のiPodを購入直後に、新しくて高機能化したiPodを発売させないようにする)」

 とても面白いので、YouTubeの映像をここに貼り付けておく(写真1)。ポンポンと10本飛び出すが、最後から4番目の公約に注目!!


[大爆笑が沸くのも当然か:次ページへ]

この先は会員の登録が必要です。今なら有料会員(月額プラン)は12月末まで無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら