大容量ハードディスクのはずが、いつの間にか…

 それほど散らかしたつもりはないのに、いつの間にか足の踏み場もなくなっている部屋。それほど大きな買い物をしたつもりもないのに、いつのまにか底をついている今月分の給料。

 それに似たようなものに、パソコンのハードディスクがある。ディスクのプロパティを見てみると、あれっ、いつの間にこんなに使ってる。でも、たいしたことをした覚えはないし、どうしたんだろ、みたいなことはよくある話。

買ったときは「こんな大容量で使い切れないや」と思ったのに、いつの間にかこんな状態になってしまった筆者のパソコンのCドライブ。あとでこのディスクの使用状況を検証してみる

 しかしどうして、世の中には「つもりもないのに」「いつのまにか」ってことが多いのだろう。自分の「つもり」と「現実」が気がつくと大きく異なっていることも。で、気がつくと叫んでる。「こんなはずじゃぁ、なかったのにぃぃ!!!!!」。

 人間やはり、定期的に現実を把握するのが、「こんなはずじゃあ」を避けるコツらしい。そういえば、牛の医者(!)をしている叔父がよく言っている、「グラフにするって結構イイぞ」というコトバ。以前見せてもらった、毎日測っている体温、体重、気温、湿度、その他もろもろを表した手書きのグラフ。もう何十年もつけているらしい。「こうするといろいろ見えてくるぞ」と叔父。自分の体調やバイオリズムはもちろん、世の中の景気の波や犯罪の数、地震などの天災の起こり具合までおおよそ予測がつくらしい。そしてギロッと私を見て、「家計とかもそうだぞ。円グラフって知ってるか?」(ドキッ)。

 とにかく現実を把握するって大事らしい。しかもグラフで視覚的に見ることで、かなり容易に現実を把握できる。まあ、「見えないものまで見えてくる」境地までにはなかなか至れないと思うが。

 そこで紹介するのが「Scanner」というソフト。ハードディスクのファイルやフォルダーの占有率を円グラフで視覚的に表示する。たったそれだけの機能だが、マウスカーソルを置くだけでパス名、ファイル数、容量がわかるし、クリックするとその部分の占有率を円グラフ表示してくれるスグレモノ。こう書いてもコトバだけではなかなかとらえにくいと思う。百聞は一見にしかず、とにかく1回使ってみるべし、だ。

[ではダウンロードとインストールをしてみよう:次ページへ]

この先は会員の登録が必要です。有料会員(月額プラン)は初月無料!

日経 xTECHには有料記事(有料会員向けまたは定期購読者向け)、無料記事(登録会員向け)、フリー記事(誰でも閲覧可能)があります。有料記事でも、登録会員向け配信期間は登録会員への登録が必要な場合があります。有料会員と登録会員に関するFAQはこちら